神戸の賃貸を物件の種別で探す

神戸の賃貸物件探しで物件広告を閲覧していると、種別という項目があります。

物件種別というのは、マンションやアパートといった区分のことです。

この種別には、明確な定義や法律上の決まりはなく、大家さんや不動産会社が決められることになっています。つまり、この物件はマンションであると大家さんや不動産会社が判断すれば、物件広告にはマンションとして記載できるということです。

ただ大方の目安的なものは存在していて、一般的には、鉄筋・鉄骨コンクリート造りの構造区分で3階以上の建物はマンション、木造や準耐火構造で2階建てくらいまでの物件はアパートとされることが多くなっています。

神戸で賃貸物件を探すにあたり、防音性を重視する方は多いはずです。物件の種別から防音性能を考えると、アパートよりもマンションの方が高機能であるというイメージがあります。

しかし、建物の構造と種別との間には連動制がないので、物件種別がマンションになっているから防音性は安心と思ってしまうのは場合によってはちょっと危険です。

神戸の賃貸物件探しでは、物件広告に記載されている種別を参考にしながら実際の現地見学で防音性能などを自分の目で直接確かめることがポイントになります。

種別がアパートになっていても、建物の構造や防音性能においてマンションといってもいい物件もありますし、その逆も考えられるからです。

現地見学では、多くの人が在宅している土曜日や日曜日を選ぶなどして隣や上下の部屋の物音がどの程度伝わるかをしっかり確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です