神戸の賃貸物件の現地見学

神戸の不動産会社のお店で賃貸物件広告をチェックしていて、気になる物件が見つかったら現地見学をします。

現地見学を希望する時には不動産会社のお店で予約をしますが、ホームページなどからWEB予約できる物件もあり便利です。

神戸の賃貸物件探しでは、現地見学が不可欠です。

物件広告からは間取りや広さ、窓やベランダの位置、方角などいろいろな情報を得ることができます。しかし実際の広さや目でみた感じの広さ、窓やベランダの周辺の様子と実際の日当たりなどは現地見学をして初めて確認できるものです。

神戸の賃貸物件の現地見学で、必ず持っていきたいもののひとつにメジャーがあります。メジャーがあれば、広告に掲載されていた広さと同じかどうか、家具や家電置き場のスペースが今使っているものに合うかどうかなどを確認可能です。

ここで、物件広告に広さが畳数で記されていたケースで、自分の思っていた八畳間や六畳間と印象が違うことがあります。その理由のひとつが、畳には京間や江戸間、中京間といったいくつかの規格があってその規格により一畳の広さが代わってくることです。

棚や収納スペースがあることで実際に生活に使える空間が少なくなっていることもあり、いずれも現地見学をしてみて初めてわかります。

神戸の賃貸物件探しでは、現地見学をして室内の正確な広さを把握しながら家具や家電のレイアウトの心づもりもしておけば、引っ越しの荷造りも新居に着いた時のことを考えながらできて効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です