神戸の賃貸物件の現地見学では共用部もチェック

神戸で賃貸物件探しをしていて、気に入った物件が見つかったらまずき現地見学をします。

現地見学は、不動産会社のお店やWEBからも予約できる物件もあって便利です。

現地見学では駅やバス停から自分の足で歩いてみてどのくらいかかるかや契約をして自分が専用に使える室内の様子に目が行きがちですが、他にもチェックポイントがあります。それは、共用部分の様子です。神戸で賃貸生活を始めると、自分が専用に使えるスペースの他に他の入居者の方々と一緒に使うスペースがあります。

この、エントランスホール、廊下やエレベーター、階段、ごみの集積場などみんなで使うスペースが共用部です。共用部を見ると、その物件の管理状況や居住者のマナーなどがわかります。

玄関に落ち葉などが溜まっていたり、エレベーターの中にごみがたくさん落ちていると普段の清掃状況が行き届いていない可能性もあり要注意です。

いろいろな種類のごみが回収日まで置かれる集積場を見ると、ごみ出しのマナーもわかります。神戸の賃貸物件に入居すると、毎月の家賃とは別に管理費や共益費といった名目のお金を徴収されるのが一般的です。

この管理費や共益費は、入居者から集金して共用部分の維持や管理、メンテナンスなどのために使われます。例えば、みんなで使う部分の清掃やエレベーターの点検、廊下の電球の交換などです。入居したら支払う管理費や共益費が有効に使われているかどうかを知るためにも、神戸の賃貸物件の現地見学では厳しい目で共用部分をチェックする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です