神戸の賃貸物件見学では共用部も忘れずにチェックする

神戸で賃貸物件探しをしていて、気になる物件に出会ったら現地見学をします。

広告を見ていると広さや間取り、設備といったいろいろな情報を得ることができますが、
現地見学は必ず必要です。

現地見学をすると、広告だけではわからない細かい部分が見えてきます。

現地見学の時には、実際にその物件に契約したら生活をすることとなる室内の確認に目が行きがちですが、
その他の部分も厳しい目でチェックすることが必要です。

神戸の賃貸物件の敷地内は、契約したら自分が専用に使えるスペースと他の入居者の人とお互い一緒に使う共用部と呼ばれるスペースから成り立っています。

専用部分とともに、共用部も自分が生活を送る大切な場所です。共用部のチェックでは、エントランス、廊下や階段・エレベーター、ごみ置き場などを丁寧に見ます。

こういったスペースを見ると、普段の管理状況や清掃状況それに居住者のマナーなどが見えてくるからです。エントランスに落ち葉などが溜まっていたり、廊下や階段の電球が切れていると日常の管理が行き届いていない印象を受けます。

ごみ置き場は、住民のマナーが見えやすい場所です。

神戸で賃貸生活が始まると、家賃とは別に管理費や共益費という名前のお金を毎月支払います。共益費は、共用部分の清掃や維持・管理、メンテナンスのためのお金を居住者から集金して必要な時に使うものです。共用部分の清掃が行き届いていない・設備や備品が使えないといった状況ですと、共益費や管理費の使い道も気になってしまいます。神戸の賃貸物件の現地見学では、共用部の様子についても気になる部分は積極的に質問するのが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です