神戸の賃貸物件見学での広告の印象との違い

神戸の賃貸物件探しで広告をチェックして、気になる物件があったら次のプロセスは現地見学です。

広告を見ると、
面積や方角、設備、間取りなどが情報を得られます。

しかし、広告ではわからない部分を丁寧に確認するために現地見学は必ず必要です。

神戸の賃貸物件広告には、平方メートルや畳数で居室の広さが記されています。

広告に書かれている広さで大体のイメージを持つことはできますが、実際に現地見学をすると見た目の広さが印象と異なることがあり大切なチェックポイントです。

広告に書かれていた室内の広さからイメージしていた生活スペースの広さが、イメージよりも狭いというケースがあります。

この場合、間取りをもう一度確認することが大切です。広さは同じでも、収納スペースが扉などで区切られていると生活するためのスペースが狭く思えることがあります。

この場合、収納スペースにいろいろな物を入れることができれば生活スペースには物を置かずに広く使うことが可能です。逆に、見た目のスペースが広く広告の印象通りでも、収納のためのスペースがないと物を出しておくことになりますから生活空間はその分狭く、雑多な部屋になってしまう可能性もあります。神戸の賃貸物件広告では、特に和室の場合は広さが畳数で記載されているのが一般的です。

現地見学をした時点で、自分が思っていた畳数と印象が違うことがあります。その理由のひとつが、畳の規格の違いです。畳には、京間・江戸間・中京間・団地間といろいろな規格があり一畳の大きさが違っています。神戸の賃貸物件の広さをチェックする時には、畳の規格も重要な要素です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です