神戸の賃貸広告記載の物件種別とは

神戸での賃貸物件探しで物件広告をチェックすると、種別という項目があります。

種別は、マンションやアパートの区分です。神戸の賃貸物件探しでは、
種別から、例えばマンションに限って広告を閲覧するという方もいます。

この物件種別については、マンションかアパートかという点でははっきりした定義や法律での定めはなく、
大家さんや不動産会社において決定しているものです。

つまり大家さんや不動産会社がこの物件はマンションだと思えば、種別はマンションとして物件広告が作られています。

一般に鉄筋や鉄骨コンクリートの構造で3階建て以上の建物はマンション、2階建てくらいで木造や準耐火構造の物件はアパートとされる傾向はありますが、防音性の機能に優れた重厚な建物がアパートとされていることもありますし、その逆も同じです。

アパート物件の中にも一般的なマンションのイメージの防音性を備えた物件があるので、物件の種別だけでは選べないことがわかります。

マンションだから、アパートだからといった物件の種別だけで判断するのではなく、神戸の賃貸物件探しにおいては現地見学をしっかりして自分の目や耳で防音性能などを確認することが大切です。

隣の部屋からの物音の伝わり方を確認する場合、もし隣室が空室で案内の不動産会社の許可がもらえたら隣の部屋で携帯電話のベルを鳴らしてみて音を聞いてみるという方法があります。

マンションであれアパートであれ、敷地内の音の伝わり方については、時間帯や曜日によっても違ってくるのが注意ポイントのひとつです。在宅者が少ない平日の昼間と、土日や夕方以降と何回か現地見学をしてみることでその物件の様子をより詳細に知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です