神戸の賃貸物件広告に書かれている取引態様の種類

神戸の賃貸物件探しで広告を閲覧すると、取引態様という項目があります。

取引態様は、該当の神戸の賃貸物件を扱う立場を示すものです。

一口に不動産会社のお店で物件を紹介してもらうといっても、その不動産会社の物件との関わり方にはいくつかのタイプがあります。

その物件の取引において、不動産会社がどういう関わりをしているかを区分したものが取引態様です。

取引態様には、貸主・代理・仲介と3つの区分があります。貸主は、一般に自社物件と呼ばれる物件の取引態様です。

貸主では、不動産会社自身が所有する神戸の物件を会社が大家さんとなり賃貸契約を交わします。

代理と仲介の取引態様は、不動産会社とは別にその物件の所有者が存在するものです。代理では大家さんに代わって、仲介では大家さんと借りる人との間の立場に不動産会社が経って借り手を探したり入居希望者の正式契約までのいろいろなプロセスをサポートしています。神戸の賃貸物件に正式契約をする時には、初期費用が必要です。

初期費用のひとつに、仲介手数料があります。仲介手数料は、物件の取引をサポートした不動産会社に対し宅地建物取引業法が認めた手数料です。法律ではその上限を家賃の1か月分に定めていて、成功報酬として正式に契約が成立した時に不動産会社に請求の権利が発生します。仲介手数料の有無に関係しているのが、取引態様の項目です。

3つの取引態様のうち、不動産会社が自社の持物である物件を自ら大家さんとなり他人に貸す貸主では仲介手数料はなく、代理と仲介で手数料が発生します。神戸の賃貸物件の取引態様で一番多いのは仲介ですが、自社物件を探すことで初期費用の仲介手数料の節約も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です