神戸市長田区の事業用賃貸物件について

神戸市長田区は、位置的には市内の海岸沿いの中央部にあります。

交通の便は非常によく、市営地下鉄、市営バス、JR、神戸電鉄、神戸高速鉄道、山陽電車などさまざまな交通機関を利用することができます。長田区は、従来、ケミカルシューズなどのゴム工業が盛んな地域で、中小、零細企業が多数ありました。

また、商店街も多く、高速長田駅付近や新長田駅周辺に商業店舗が集積していました。一方で、22年前に起きた阪神淡路大震災により、街の様子が一変してしまいました。阪神淡路大震災以降で、大きく整備された地区が新長田駅周辺です。

現在は、アスタという商業店舗が多数入る店舗街に買い物客などが集積しています。事業用賃貸物件も多い地域ですが、震災以降は賑わいが元には戻っておらず、賃貸価格が据え置きのため、空き店舗が残ったままとなっています。

空き店舗が多い地域としては、新長田駅より南部にある本町筋商店街や大正筋商店街なども同様です。以前は商業店舗や零細企業などが立ち並んでいましたが、現在は入居者募集の貼り紙をされた建物が目立ちます。

この地域は賃貸価格はそれほど高くはありませんが、人通りは阪神淡路大震災前には戻っていません。一方で、高速長田駅付近の長田神社前商店街については、空き店舗が少なく、商業店舗や零細企業などで賑わっています。

商店街以外に商業店舗が少ないことも一つの要因です。事業用賃貸物件の価格は少し高めの設定となっています。2019年度には、兵庫県と神戸市の合同庁舎が新長田駅南側に設置されます。働き場所ができることにより、昼間、夜間の人口も増えます。これを機に事業用物件が賑わうことも考えられます。

この地域で、賃貸用物件を検討されている方がいれば今がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です